> カテゴリ
全体
> フォロー中のブログ
今後に向けて☆
d0124808_1538878.jpg

今回はジョイと言うチームを一選手としてではなく、代表者的な立場から思う事を書かしてもらいます。

開幕六連勝、ジョイ。去年一年で強くなったのか?と聞かれれば間違いなく「YES」だと思う。

去年の関西リーグでの経験と一年間の個人のスキルアップにくわえ、ジョイの「スタイル」を確立させた事は物凄く大きな事だったと思う。

そして数々の「逆境」を経験し、それを乗り越えた事。特に、際立った大谷兄弟の「勝負強さ」、(時には火事場のクソ力のようなとんでもない力を発揮する)この力を頻繁に見られるのは最も大きな事だろう。


そして、今年に入ってからの主力の怪我人続出。特にやす(5)と真(8)の長期離脱。
しかしチームとして追い込まれた状況により大幅に戦闘力が上がった純(10)とようじん(7)。
純に関して言えば、真と言うパートナーを手に入れた事により失われていた良さ…
例え何人いても1人で強引に突破しシュートまで持って行く力強さ、そして、時折見せるストライカーとしてのテクニック(決して観衆をわかせるものではないが)を前よりも力を増し、『取り戻した事』。
これは相手にとっては今まで以上にとてつもなく脅威となっているだろう。(味方でよかったとつくづく思う。笑)

そしてようじん、彼に至っては持っていた『潜在能力』を引き出す事に成功した。それにより、もともと持っていた頭を使ったプレーに加え、個人技(個人で打開する力)を発揮し、得点に絡むプレーが格段に増えた。そして何より、ジョイの選手では数少ない、『どんな試合でも安定した力を出す』事ができる選手となり、チームにとっては頼もしい存在となった。


守備面では開幕前にディフェンスが崩壊し、それにより、ゴレイロ(キーパー)の勝(2)が調子を崩し、心配されたが開幕前にあった、一つのきっかけによりそれを乗り越え、前にも増して、たくましく、頼もしくなった。

この怪我人続出は見る角度を変えればジョイにとって間違いなくプラスになったのではないか?と思う。

そしてその「逆境」をすべてプラスに変える力がよりジョイを大きくしているのではないかと思う。
そして、そこに怪我から復帰のやす、真を加え、さらなるパワーアップを遂げた。

…が、しかし、ジョイの開幕六連勝の裏にはやはり、『F(日本)リーグ』の影響による関西リーグのレベルの低下は紛れもない事実としてある。

もちろんチーム力が上がったチームもあるが、リーグ全体で見ると確実にレベルは低下している。

そこで何が言いたいのかと言うと、今後の全日本選手権を考えた時にもうすぐ訪れる、関西リーグ中断期間に何をするべきなのか、と言う事である。

まずはチーム力の底上げ。全日本にもなると1日二試合や、2日、3日連続の過密日程は当たり前。そこで勝ち上がるには層の厚さがとても重要になる。

そしてもう一つ、関西と言う枠を出て、いろんなチームと試合をする事が必要なのではないかと思う。
そこでジョイよりも強いチームはもちろん、いろんなスタイルの相手と試合する事により、個人のスキルアップはもちろん、経験値を上げ、もっともっとチーム力を向上させる必要があると思う。

ただそれには、資金面や時間がかなり必要になり非常に難しい事ではあるのだけれども……。


『頭脳派、シン』


ここ二、三日フットサルとは離れた事を書いてたし、今日はフットサル関係にした。
フットサルをあまり詳しくない人には難しい話やったかもしれんけどゴメンね☆☆☆☆



ではでは、またヾ(^_^) byebye!!
[PR]
by JOYFUTSALCLUB | 2007-09-20 15:38

背番号18 火の玉ディフェンダー 大谷真一のブログ
by JOYFUTSALCLUB
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧